水漏れが発生した場合にすべきこと

水漏れが発生した場合にすべきこと 自宅の中で水漏れが発生すれば、緊急で今すぐに対処しなければならないと考えるはずです。しかし、今すぐ何とかしたいと思うと、あわててしまいます。その結果、あの時こういった対処ができていればと後悔する人も結構います。いざという時に後悔しないためにも、どのような対応をすべきかある程度知っておくことは大切です。予備知識を入れておくと、本当に水漏れが発生して業者を呼ばなければならなくなった時に正しく動けるようになります。業者にすべて任せないといけないと思ってしまいがちですが、素人でもできる対処法は少なくありません。特に初期対応の良し悪しで、被害範囲がどの程度になるかも決まってきます。

■とにかく被害拡大の予防が重要

水漏れが発生した場合、そのままにしていると水量がどんどん増えてしまって、壁や床など濡れる箇所がどんどん拡大してしまいます。濡れた箇所が広がり、漏れ出た水量が大量になれば、修理後のハウスクリーニングも大掛かりになりかねません。まずは、とにかく自宅内部の水の流れをストップさせることが大事です。そのためには、自宅にある元栓を閉めてしまいましょう。トラブルを経験した人の中には、どこで水漏れが発生しているかまず確認する傾向が見られます。しかしこれを行うことより元栓を閉めることの方が先決です。特に給水管のどこかで破損が発生している場合、そのまま水を止めないと破裂を起こして部屋の中が水浸しになることも十分考えられます。

■業者に連絡しよう
元栓を止めたら、業者に修理依頼することです。この時できるだけ速やかに連絡するのがおすすめです。特に人気の業者の場合、修理依頼の案件が殺到しがちです。通常順番に作業を実施することになります。ということは問い合わせを後回しにすれば、スタッフが駆けつけてくれるのもどんどん遅れてしまいます。連絡がついたら、漏れ出した水によって濡れている床や壁をふき取っておきましょう。もしそのまま放置していると、水によるシミができてしまいます。また直後は別に異変がなくても放置することでカビが発生したり、材木が腐ってしまうなどのトラブルが起こらないとも限りません。水が内部にしみこんでしまう前の、表面に付着している段階でふき取ってしまえば、建材に対するダメージも最小限に食い止められます。

■賃貸物件で水漏れ発生

賃貸物件で水漏れが発生する場合も十分考えられます。この時には管理会社に連絡することが大事です。管理会社の中には特定の水道業者と契約していて、トラブルが発生したらそこにお願いする決まりになっているかもしれないからです。また個人で業者を呼ぶと費用は住人持ちになるのが一般的ですが、管理会社を介した場合、費用を負担してくれるので借主は無料というケースもあります。ただし土日などで管理会社が休みだった場合、緊急で水漏れ修理の必要があれば、修理依頼して費用をいったん立て替えます。そのうえで管理会社に後日費用請求する形になるでしょうが、必ずしも負担してくれる保証はないです。

■まとめ
水漏れが起きたら、とにかく水の流れをシャットアウトすることが何よりも大事です。少しでも漏水によって濡れる範囲を少なく抑制するためです。賃貸物件の場合、管理会社が特定の水道業者と契約していることも考えられるので、とりあえずこちらに連絡しましょう。土日で休みの場合には、コンタクトの取れる緊急連絡先を確認しておくことです。また事後処理の場合費用請求できるかも前もって質問しておくと水漏れの補修後、貸主とトラブルにならずに済みます。水漏れが起きるとパニックになりがちですが、できる対策はいろいろとありますから今一度確認しておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース